看護師 転職 成功

看護師の転職を成功させるためにはどうすれば良いの?

転職を考える看護師の方は非常に多いと思いますが、その全ての方が、自分の希望する職場へ転職できるかというと、そうではありません。

スムーズに転職できる方もいれば、転職はできても希望と違っていたり、転職先がなかなか見つからないということもあります。

ここでは、いかにスムーズに転職することができるか、看護師の転職を成功させるためにはどうすればよいかについて、お話させていただきたいと思います。


看護師の転職を成功させるために、まず大切なのは、転職目的をしっかりと持ち、強い意志を持って面接に向かうことです。

面接では、必ず転職理由を聞かれます。
「なぜ転職したいのか?」「転職して何がしたいのか?」などについてきちんと伝えられる方は、転職が成功しやすいと言えます。

目的をしっかりと持つことは、自分をアピールすることができますし、声にもそれが現れます。
自信がない時は、声が小さくなりませんか?
強い意志を持てば、自然と声も大きくなり、相手に気持ちを伝えることができるのです。
病院やクリニックなどの採用する側は、長期間勤めてくれる方を望んでいます。
そのため、強い意志や明確な目的を持っている方は、納得してその職場を希望しているわけですから、長期間勤めてくれるだろうと期待して、採用しやすいのです。

また、採用する側は、体力のある方を希望します。
看護師の業務は、常に立ちっぱなしであったり、長時間勤務であったり、患者さんを抱えるなどの看護に、体力を必要とします。
そのため、体力面をアピールすることも、転職を成功させるカギになります。

例えば、全く病気による欠勤がないとか、運動が日課であるなどをアピールするとよいかもしれません。


看護師は、高い看護技術が必要とされますが、同じように患者への接遇能力や説明能力も求められます。
看護師経験が短くても、接遇能力や説明能力が認められれば、転職を成功させることが可能ですので、そういった点を伸ばし、アピールするとよいでしょう。


看護師の転職を成功させるためには、強い意志・意欲と、長期間勤務できるということ、体力があることなどをアピールすることが重要です。
看護師の転職を成功させる秘訣をご紹介しています。
希望通りの転職先にを見つけ、スムーズに転職したいですよね。
看護師の転職を成功させるためにはどうすれば良いのでしょうか。