看護師 転職 失敗事例

看護師の転職で失敗してしまった事例とは

看護師の転職は、他の職種に比べて、有利に働くことが多いのですが、中には、転職して失敗した、思ったような転職先ではなかったなど、失敗事例も数多くあります。

ここでは、実際に転職した方の失敗事例を知っていただき、これから転職しようと思っている方に、同じような失敗を回避するために役立てていただければ幸いです。


【看護師の転職の失敗事例】

・ブランクがあり、未経験であるにもかかわらず、即戦力を必要とされる職場に転職してしまったため、ついていけなかった

・看護師の仕事経験しかないのに、介護を必要とするデイサービスなどに転職し、うまくいかなかった

・転職前に、転職先の仕事内容や勤務時間、各種手当などを確認していなかったために、思ったような職場ではなかった

・介護の現場で長期間働いており、一般の病院へ転職したが、医療に関するブランクがあったために、必要とされる医療技術にこたえることができなかった

・夜勤がない職場に転職できたと思ったら、掃除などの雑用は看護師の仕事であったため、雑用が増えてしまった

・小規模の病院へ転職したら、設備が整っていなかったり、リハビリなどの機械操作なども看護師の仕事であったため、負担が増えた

・忙しい総合病院から、ゆっくりと患者と向き合える小規模の病院で働きたいと思い、転職したが、働いている看護師も少ないため、すでに人間関係が築かれていて、中に入って行けなかった
ご覧いただいたように、転職した看護師全員が、転職を成功だと思っておらず、「前の職場のほうがよかった」「転職が失敗だった」と思っている方もいるのです。
こういった事態にならないように、転職の準備を怠らないようにし、希望する病院などの転職先の詳細をしっかり確認した上で、転職するようにしましょう。
看護師の転職で失敗した事例をご紹介しています。
転職することで、どんな失敗があったのでしょうか。
同じような失敗を回避するために、お役立てください。