看護師 転職 デメリット

看護師が転職するときに忘れてはいけないデメリット

看護師の転職は、有利に働くことが多く、たくさんのメリットがあるのですが、忘れてはいけないのが、デメリットもあるということです。

ここでは、看護師の転職のデメリットについてご紹介しますので、転職をお考えの方は、参考にしてください。


・看護師の転職のデメリットその@

看護師が転職する上でのデメリットに、求人情報を入手困難があります。
看護師は、不規則な勤務体系であり、勤務時間が不規則であったり、夜勤があるなど、仕事をしながら自分の希望に沿った就職先を探すのが難しかったり、時間がかかるなどのデメリットがあるのです。
・看護師の転職のデメリットそのA

看護師の転職のデメリットとして、給料体系の複雑さがあります。
給料アップを期待して、転職をする方もいると思いますが、転職後に、思ったよりも給料が少なかった、仕事内容と給料が見合っていなかったという方もいます。
給料面だけ見て転職する方に、こういったことが起こるのですが、転職する際には、給料の額だけでなく、給料体系もしっかり確認しておきましょう。
基本給は低くても、各種手当が多かったり、給料は高いけど、拘束時間が長いなど、給与体系は、職場によって異なり、非常にわかりにくいというデメリットがあります。


・看護師の転職のデメリットそのB

看護師の転職のデメリットとして、他の職場との比較が困難なことが挙げられます。
他の職種の場合は、同じ職種であれば、業務内容がほとんど同じで、給与面や待遇面を比較することができ、より良いところへ転職することができます。
しかし、看護師は、給与面だけ比較しても、病院の規模や業務内容、給与体系、休日などが異なるため、比較しにくいのです。
そのため、転職を考える際は、給与や待遇面など、表面的なものだけを見るのではなく、自分がしたいことは何なのかや、これだけは外せないという希望や目的を明確にしておくとよいでしょう。


看護師の転職は、メリットが多いので、多くの方が希望すると思いますが、上記に挙げたようなデメリットもあるということを頭に置いておいてください。

看護師の求人・転職関連情報

看護師の転職は、メリットが多いものの、デメリットも存在します。
看護師の転職に、どんなデメリットが存在するのかご紹介しています。